年末、そして誕生日に仕事について思う。

今年も今日と明日、残り2日となりました。
お正月と言っても元日の夜に旦那の家に出向いて全員で夕飯を食べる以外、普通の日と全く変わらない生活になる我が家です。
お雑煮ぐらいは食べるけれど、他に決まって食べるお正月料理はありません。
結婚して何年間はいろいろと作っていましたが、私の方で不幸があり、実家でお正月を過ごすことがあったため全然作らないようになりました。
大掃除も寒い時期に無理してやって風邪をひいては大変なので、季候が良い時期にするように変えました。
でも世間は年末年始のまっただ中です。
周りは慌ただしいのに自分だけが手持ちぶさたの、暇な状態がここ数日続いています。

とりあえず今日の午後は美容院に行って、帰りに牛乳とか玉子とかの買い物をしてきます。
誕生日なんでケーキぐらい買いたいところですが、途中にあるケーキ屋さん、やってるかな?(^^;)
やってたとしてもお年賀用の焼き菓子しか売っていなさそうで、寄るのを躊躇してしまいます。

DeNA運営のキュレーションサイト「Welq(ウェルク)」の問題が起きて以来、キュレーションサイトの生地の質についての問題、画像の不正使用の問題、コピペに代表される著作権侵害の問題についてがWEB上でよく取り上げられています。
因縁の関係にあるベッキーをCMに起用することで話題になったばかりのLINE。
そのLINEが運営している「NEVERまとめ」でもこのような問題は起きています。
批判を受けている点についてLINEは28日の夜、今後の対応姿勢を示したプレスリリースを出しました。
実際に著作物をパクられた人の記事を読むと、LINEは高慢な態度だったとあります。
その被害者は画像が複数のサイトで無断使用されたため、使用料の支払いを請求しました。
他が次々と応じたのに対し、LINEだけは応じなかったそうです。
反対にその画像が本当に被害者の権利物であることを証明するものを提出するように求められたとのこと。
そのような被害者にとって、LINEの今回の表明はどのように受け止められたでしょうか?

クラウドソーシングで「まとめ記事」作成のお仕事は、本当に多くなってきたな、と感じていました。
文字単価も他の記事作成より高く、「簡単」、「誰でもできる」といったコピーも踊っています。
しかし私は、「まとめ記事」作成をする気にはなれませんでした
自分には合わない、そう思ったからです。

私が考える「まとめ記事」は、ネットの中にある膨大な数の情報の中で、本当に役に立つ、有用な情報をピックアップしたものです。
書こうとする記事のテーマについて検索し、たくさんの記事を読み、その中から本当に質の高い情報を選び出さなければなりません。
1つの「まとめ記事」を書くのに10の情報にあたるのか、20の情報にあたるのか、それとも100の情報にあたるのかによって、内容は異なってくると思います。そして10の情報にあたって書いた「まとめ記事」、20の情報にあたって書いた「まとめ記事」、100の情報にあたって書いた「まとめ記事」、どの「まとめ記事」のうち、どれがより有用であるかも想像しやすいでしょう。
よほど変な選び方をしない限りは、多くの情報からいくつかを選んだほうが良いに決まっています。
しかしそうすると1記事に対して、かけようと思えばいくらでも時間をかけてしまうことになります。

仕事として「まとめ記事」を作成するのであれば、かける時間もきちんと管理しなければなりません。
どのぐらいの情報収集で「まとめ記事」を作成するか、その頃合いを見極めることが必要になります。
ちょうど良いところで「まとめ記事」とする自信が、私にはありませんでした。

キュレーションサイトについてさまざまな問題が明るみに出てくるようになり、改めて「まとめ記事」作成をしなくて良かったと思っています。
いくら自分自身は真面目に取り組んでいたとしても、関係しているサイトが問題となったら悲しいですから。

スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




広告レクタングル(大)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です