10月10日=体育の日かどうかで、年齢がバレる

今日から3連休です。
10月10日と言えば正真正銘の体育の日で、ハッピーマンデーの制度が始まる前は固定のお休みでした。
今では体育の日は10月第2月曜日となっているので、10月10日であってもお休みだとは限りません。
今日も土曜日であるというだけで、土曜日が休みでない人にとっては何の変哲もない普通の土曜日なだけです。
「10月10日=体育の日」と思ってしまうのは、ある程度の年齢の人だということになるでしょう。

10月10日が体育の日と定められたのは1966年で、1964年10月10日に東京オリンピックの開会式が行われたことを由来としています。
「国民の祝日に関する法律」第2条によると、体育の日は「スポーツに親しみ、健康な心身を培う」ことを趣旨として制定されています。
天気にも恵まれる傾向にあり、気候もちょうど良いことから、さまざまなスポーツに関するイベントが行われています。

2020年には再び、東京でオリンピックが開催されます。
会場となる新国立競技場、エンブレムなど、いろいろなことが問題となっていますね。
誘致に成功し、2020年の東京オリンピック開催が決定したときにはあんなに日本中がひとつになって喜んだのに、と思うと残念です。

誘致のさいに使用したマーク、とてもステキでした。
「あのマークをエンブレムとしたらどうか?」という意見もあったようでしたが、オリンピック委員会の規定で誘致のときに使用したマークをオリンピックのマークとすることはできないそうです。
なかなか細かい決まりがあるんだな、と変な関心をしてしまいました。
あとマークとエンブレムでは、デザインの仕方や定義などに違いがあるのかもしれません。

「いろいろ問題があったけれど、良いオリンピックだったよね」となれば良いと思います。

スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




広告レクタングル(大)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です