何買った?買い物の日

11月11日は「○○の日した。
この「○○」に入る言葉は28もあり、1年の中で2番目の多さとなっているそう。
1番「○○の日」となっているのが多いのは、10月10日です。

「介護の日」、「ポッキー&プリッツの日」、「立ち飲みの日」、「鮭の日」などいろいろの日に制定されていますが、今年、一番よく耳にしたのは「買い物の日」というものではないでしょうか?
もともとは中国で11月11日は「独身の日」とされ、独身であることを祝って大々的に買い物をすることから「買い物の日」とされたようです。
今年の11月11月、中国でインターネットを通じて買い物された金額は1兆円をはるかに上回ったそうです。
すごいですよね。

今年は日本でも「YAHOOO!ショッピング」で11月11日の「買い物の日」にちなんだセールを大々的に開催していました。
ちょうどその頃、楽天でも「お買い物マラソン」な何かをやっていたようです。
楽天の「お買い物マラソン」や「○○記念セール」、私も昔は積極的に参加していたものでしたが・・・。
今ではそれほどでもありません。
歳をとった、ということでしょうか(^^;)

「爆買い」という言葉に象徴されるように、中国の持つ購買力はハンパありません。
日本国内を訪れる中国人観光客はとても多く、その大部分がいろいろなものをお土産に買っていってくれます。
家庭用電化製品、化粧品、医薬品、スナック菓子などなど。
中国人に限らず日本の伝統の技を使ったものも、最近では外国人人気のお土産となっているようです。
包丁、それと食品サンプルを使用した小物が大人気です。

来年は三重県で伊勢志摩サミット、2020年には東京オリンピック・パラリンピックも開催されます。
ますます日本を訪れる外国人の数は増えるのでしょうね。
とても楽しみです。

スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




広告レクタングル(大)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です