失敗!固まらなかった「保温調理で作るプリン」

少し前の新聞に「保温調理で作るプリン」のレシピが載っていたので、作ってみました。
保温調理はガス台で少しの時間加熱したあと、毛布などで鍋ごとくるんで、じんわりと熱を入れていく調理方法です。
ガスを使うのはほんのわずかで良いので、ガス代を節約することができます。
2011年3月11日に起こった東日本大震災の直後など、話題になりました。
エコなだけでなく熱源がそんなに使用できない災害時の調理に役立つという理由によるものです。

新聞に載っていたレシピは5分加熱して新聞紙、バスタオル、フリースに包んで10分放置すると固まります。
真似をして同じようにやったのですが・・・
固まらない(-_-メ)

仕方がないので新聞紙、バスタオル、フリースに包んでの保温調理をやめて、普通に弱火で加熱しました。
「ス」が入らないように注意しながら、固まり具合をこまめにチェック!
ちょうど良い感じに仕上げることができました。

カラメルを焦がし過ぎて、苦くなってしまったのが残念!
ほろ苦いカラメルを目指したのですが、けっこう苦いカラメルとなってしまいました。
次は加減して、ちょうど良い苦さにしたいと思います。

スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




広告レクタングル(大)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です