お肉は憎いぐらいに美味しい、でも・・・

一昨日、ベーコンやソーセージといった加工肉を食べると、大腸がんになる危険が高くなるというニュースが流れました。
WHOこと世界保健機関内に設置されている、国際がん研究所という専門組織が発表したそうです。
発表されたレポートによると加工肉50グラムを毎日食べ続けた場合、食べるたびに大腸がんの発症リスクが18%も上がるそう。
加工肉だけでなく赤身肉全般に大腸がんになるリスクを高める恐れがあるとの発表内容でした。
赤身肉は大腸がんだけでなく膵臓がん、そして前立腺がんとの関係も認められるということです。

お肉の赤身と言えば、比較的に健康に良いというイメージがあります。
脂身がない分だけカロリーが抑えられていそうですよね。
限定的ではあるもののがんになる危険を高めるというリポートが出されたことには、ビックリしました。

日本は昔からお魚を動物性タンパク質として摂ってきた国です。
牛肉や豚肉を食べるようになったのは欧米の文化の影響で、日本に古くからある食文化ではありません。
欧米の影響を受けて牛肉や豚肉を好んで食べたり、菓子やインスタント食品、ファストフードを多く食べるようになったことは、「食の欧米化」と呼ばれています。
「食の欧米化」が進んだことによって、さまざまな弊害が生じてきていることも問題視されています。
肥満が増えたり生活習慣病が増えたりしていることです。

きっと、もっとお魚を食べたほうが良いのでしょうね。
とは言ってもお肉は美味しいです。
健康をとるか、美味しいものをとるか、難しい問題です。

スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




広告レクタングル(大)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です