買って大正解!パナソニック「ロティサリーグリル&スモーク」

今年は新年早々、大きな買い物をしました。
パナソニックの「ロティサリーグリル&スモーク」という、キッチン家電です。
ざっくり言うと「温度調整のできるオーブントースターのようなもの」ですが、すごい機能が2つ、ついていいます。
1つは燻製ができる機能、もう1つはお肉を、かたまりのまま グルグルと回しながら焼くことができる機能。
それで商品名が「ロティサリーグリル&スモーク」なんですね。
「ロティサリーグリル」がなかなか覚えられずに、ネットで探すときは苦労しました。(;´Д`)

実際、どのようなキッチン家電なのか、詳しくはこちらのパナソニックの商品説明をご覧ください。
http://panasonic.jp/rotisserie/products/NB-RDX100.html

「ロティサリーグリル&スモーク」との出会いは、年末に放送された「アメトーク家電芸人」。
普段はゴールデンでやっていても見ない番組なんですが、他に見たい番組がやっていなかったのと、どんな家電があるのかという興味で、チャンネルを合わせたんです。
そしたら「ロティサリーグリル&スモーク」が紹介されて、旦那も見ていたので一緒に「これ、良いね」っていうことになりました。

思う存分、燻製料理を楽しむことができる!

と、いうのも秋ぐらいから我が家では燻製にハマっていて、珍味の燻製ものを買ったり、ダメになったヤカンを使って燻製をしたりしていたからなんです。
お茶の葉と砂糖をヤカンに入れて、その上にクッキー型と網を敷くと、手軽に燻製を楽しむことができます。
でも出し入れする口が小さいし、やっぱり不安もあるので、うずらの玉子の水煮とチーズをやるのが精一杯。
物足りなさを感じていました。

買う、と決めたものの、置き場所をどうにかするのに2週間ぐらいかかりました。
でも届いたら想像していなかった格好良さに、テンション上がりっぱなし!(*^_^*)
丸くカーブしている扉とか、輝きを抑えたブラックボディの質感とか、本当にオシャレなんです。
「本当に使うのか?」とか「邪魔にならないかな?」とか、ちょっと迷った自分が「バカだったなぁ」と思っちゃいます。

説明書を読んで、燻製に必要なチップを買って、燻製をかれこれ10回以上は楽しんでいます。
チーズはもちろん、ゆで玉子、味付け玉子、笹かまぼこ、ちくわ、たらこ、塩鮭、ゆでだこ。
あと冷凍シュウマイ、ケンタッキーフライドチキンも燻製にしてみました。
どちらも出来合いの食品ならではのキツさがなくなって、おいしかったです。

ロティサリーグリル機能は、ずっと見ていたい面白さ!

そしてついに一昨日、「ロティサリーグリル&スモーク」の売りのもう一つ、お肉をかたまりのままグルグル回しながら焼くのも、やってみました!
鶏胸肉を使ったのですが、本当は包丁で開いて丸めて料理用タコ糸で結ぶ、という成形作業をすっ飛ばしても、キレイな丸形に焼き上がりましたv(^^)v
本当にロティサリーグリルって、優秀です!

ネットで「ロティサリーグリルで焼いているあいだ、楽しくてずっと見ちゃう」っていう声を見たのですが、本当にその通りでした。
たぶん温度調整しているんだと思いますが、ときどきグリルが切れるんです。
そうすると庫内は真っ暗になって見えなくなくなるんですけれども、そのたびに「あっ、見えなくなっちゃった」「早くグリルがついて、見えるようにならないかな」って。。。
かなり楽しかったです。

ただロティサリーグリルを使っているときのあかりの明るさは、けっこう強く感じました。
庫内の様子を見るためのガラス窓は、他のオーブントースターやオーブンレンジに比べると、かなりの小さめです。
さらに黒い点々が付けられています。
それでも漏れ出てくる明るさは、夕方の西日や逆光のような、刺すような鋭さがありました。
説明書にはわざわざ「よくあるご質問」として「ヒーターを見ていても大丈夫?」という問いと、「心配ありません」という答えが載せられています。
実際に使ってみて、こんなQ&Aが記載してあることに納得しました。

本格的なお菓子作り・パン作りは難しいかも

「ロティサリーグリル&スモーク」には、グリル機能やオーブン機能もついています。
温度調整もできるようになっていますが、残念ながら余熱はできないみたい。
まだきちんと使っていないのですが、説明書を読む限りではそんな感じです。
お菓子作りとかパン作りとかをするには、不向きかもしれません。

あと庫内の高さがそんなにないことにも、注意が必要です。
食パン4枚が焼ける広さはありますが、高さはイマイチです。
シフォンケーキは型はギリギリ入っても、膨らんだときに天井に付いてしまうと思います。
庫内もそうなんですが、出し入れするところが大きくないんですね。

さらにシリコン型は使えない、と説明書に書いてあります。
溶けてしまう危険があるそう。
そのあたりも実際に「ロティサリーグリル&スモーク」を買って、説明書を読んで、初めてわかったことでした。

次は塩・醤油・マヨネーズの燻製にチャレンジするぞ!

燻製というとお酒のつまみにするぐらいで普通に食べるものではない感じですが、食材としても使えます。
燻製したゆで卵とか味付け玉子でタルタルソースを作ったり、燻製たらこをほぐしてパスタソースにしたり、などなど。
ふだんと同じに作るだけで味をワンランク上のものに変えることができて、料理上手になったみたいな気分が味わえます。
塩や醤油、マヨネーズを燻製にして、格上げした調味料で食事をリッチなものにする、ということもできるそう。
とりあえず「燻製マヨネーズ」を試したいと思います。

スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




広告レクタングル(大)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です