去年の12月の調子を維持することが、今年の目標!

2018年、平成30年が始まって10日。
今年は成人の日も終了していて、全体的に通常運転に早く戻ったお正月でしたよね~。
そんなにお正月っていう気分を味わうことなく、いつもならすぐに成人の日の3連休がやってきて一息つけるのにそれもなく。。。
来月11日のお休み、建国記念日が待ち遠しいです。

とは言え今年の年末で私もいよいよ50才!
40代締め括りにふさわしい、いい年にしたいと思います。

名前を勝手に使われた、それも葬儀会社のアンケートに

昨年は、結果的にいい年になりました。
結果的に、と書いたのは、夏まではそれほど良いことがなかったどころか悪いことばかりだったから。
とくに夏には、最悪な出来事がありました(>_<)。 それまでも約束した時間通りに帰って来なかったりお義母さん方の親戚を出前を取っておもてなししてるのに「ありがとう」でも何でもないお義母さんには、ずっとイライラしていました。 おまけにお盆に義弟一家が来たとき、お嫁さんには食事代を渡そうとしたのに私が払ったと知ったら、それっきり。 わかってはいるんですよ、義弟一家はゲストで私はホストって。 頭ではきちんとわかっているんですけど、イラッとしました~(-_-;)。 で、その直後の9月。 葬儀会社から「次の終活セミナーのご案内」という、身に覚えがない郵便物が届いたんです。 中には「先日はありがとうございました。今月のセミナー開催予定が決定しましたのでお知らせします。」の手書きメッセージ入りです。 すぐに葬儀会社に電話を入れて、どういうことかを聞いてみたら、その会社の葬儀プランの案内に参加した人に出しているとのこと。 記入してもらったアンケートに私の名前が書いてあったそうです。 そして連絡先として記入してあったのは、お義母さんの携帯電話の番号。 どうせ誰かの付き合いで、興味半分で出てみたものの自分の名前は書きたくなくなったのでしょう。 名前なんて適当に考えて書いておけば良いのに、バカですよねぇ。

大事にしている名前だからこそ、腹が立つ

私は自分の名前を、すごく大事にしています。
両親と姉が考えて付けてくれた名前で、きちんと意味があり、工夫もしてあります。
だから名前を無断借用されたことが、すごく嫌でした。

それも葬儀会社のアンケートに使われたなんて、本当に腹が立ちました。
自分の実の娘の名前ならともかく、嫁の名前なんて普通、使います?
早く死ねってこと???

しばらくはお義母さんの顔を見るとそのたびに怒りがこみ上げてくるので、とにかく顔を合わさないようにしていました。
今でも接触は必要最低限にしています。

念願のライティング講座受講が叶ったのが、最高に嬉しかった・良かったこと!

でも、ちょうどその頃、コンテンツテキストライターの講座を受ける機会に恵まれました。
Webライティング関係の講座を1度はちゃんと受けてみたい、と思っていていろいろと探してはいたのですが、どれもピンと来ない状態だったのです。
でも定期的にチェックしているライターさんのブログでコンテンツテキストライター講座をやるのを見つけて、「コレだ!」と思ってすぐに応募。
9月から12月までの3か月間、受講させていただきました。

基本的なWeb向け文章の書き方から、最後まで読んでもらえるようにするために考えなくてはいけないことなどを学ぶことができて、本当に勉強になりました。
1番の収穫は、話の流れを意識して書くことの重要性が認識できたこと!
先生の書く文章はスラスラッと最後まで読むことができるのに、私のは途中で止まってしまう(-_-)。
流れがきちんと作れていないからだ、ということを教えていただいて、気をつけるようにしたら、読むのも、そして書くのも、ラクにできるようになりました。
読みやすい文章=書きやすい文章だったんですね。
読みやすくするように時間をかけて考えていたことは、無駄だったんだ(T_T)。

あと知識として知ってはいたけれども実践できていなかったことがたくさんあって、それをどう直していったら良いかがわかったのも良かったです。
本当に講座を受けて良かった~!

その他にも12月は映画「We are X」のDVD発売とか、大好きなスポーツのアメフト鑑賞とか、楽しいこと・嬉しいことが盛り沢山でした。
今年もこんな調子でいきますように。

スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




広告レクタングル(大)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です