夏休みの宿題から、生きやすさの術を授かった!

小学生、夏休みの宿題は終わってる?

1か月を超える長い夏休みも、まもなく終わりですね。
小学生の皆さん、もう宿題は終えられているでしょうか?
私は子供のころ、読書感想文が苦手で、最後まで残してしまっていました。
8月30日に課題図書を読んで31日に感想文を仕上げる、このやり方が私のstyle。
典型的な「お尻に火が付かないとやらないタイプ」です。
中学生ぐらいになって1日じゃ読み終わらない本で感想文を書かなくちゃいけないようになると、あとがきをアレンジして自分の感想文にしていました。
今から考えると「絶対にバレてる!バレてないはずがない!!」って思うんですけどネ。

読書感想文だけでなく、小学校までは夏休みの宿題、ためまくっていました。
漢字ドリルに計算ドリル、日記、絵、自由研究etc.etc…
だいたい本気を出してやるのは、8月30日から。
とりあえず自由研究として提出するのに何かを適当に工作して、その流れであっさりとした絵を描きます。
さらにその流れで取り組んだのが絵日記とかの日記関係。
登校日だったとか、お盆でおばあちゃんの家にお墓参りに行ったとか、お祭りだったとか
まずは日にちが特定される行事を書きます。
あとはお昼にそうめんを食べたとか、庭で花火をしたとかいう内容で埋めていけば出来上がり。
もちろん天気も「晴れ、晴れ、曇り、晴れ、曇り、晴れ」と、適当に書いていました。
私の子供の頃はゲリア雷雨とかなくて、良かった~。

ドリル系は31日の夜と9月1日の朝で仕上げていました。
それに「持ってくるのを忘れた」って言えば、1日は時間が稼げます。
ま、これもバレバレの言い訳ですが、先生は笑顔で「じゃ、明日ちゃんと持ってきてね」と返してくれていました。

今になって考えれば、「先生、もうちょっと注意しようよ」って思います。
それぐらい夏休みの宿題をナメまくっていた私。
でもこれはこれで役に立つ気付きを生んでくれたな、と思っています。
それは『本当に頑張ればどのぐらいできるか、知っておくと何かと便利』ということです。

普通に生活してるだけじゃ、本当の能力はわからない

機械類だったら、性能ってきちんと分かりますよね。
電化製品だったら取扱説明書に「最大出力時 〇〇」って書いてあります。
オーブンとかだったら何℃まで上がるか、本体を見れば一目瞭然。
車だったらメーターを見ればどのくらいのスピードまで出るのかわかります。

でも人の能力って、わかりにくいじゃないですか?
もちろん毎日やっていることに、かかる時間なら分かります。
日頃やっている家事をどのぐらいの時間で終わらせることができるか、とか。
近くのスーパーまで何分で行くことができるか、とか。
電車通勤をしていれば駅までのスピード、秒単位でわかるのではないでしょうか?

しかしこれって、最大のものじゃないですよね。
必死にやったら果たしてどのぐらいの時間で出来るのか、知らなくはないですか?

毎日するあらゆることを必死にやっている人は、まずいないでしょう。
必死に料理や掃除をしたり、歩いたり自転車をこいだりしていたら、バテてしまいます。
他のことができなくなってしまうでしょう。
書いただけでもしんどくて、実際、少し呼吸が早くなってしまいました(>_<))

余裕を持つことが、生きやすさのポイント

自分の能力って、意外にわかっていないというか、意識していないと思います。
でもそういったことを知って、頭に入れておくと、とても生きやすくなります。
余裕が生まれ、ストレスを減らすことができるからです。

たとえばキャベツの細切りを頑張れば1分でできる人が、普段は2分かけているとします。
持っている能力の半分しか使っておらず、半分は余力としていることがわかりますよね。
能力を半分も余らせているなんて、スゴいと思いませんか?
自信が持てるようになり、自信があると余裕ができます。

余裕があると、さまざまなことに柔軟に対応できるようになります。
日常生活に小さな問題やトラブルは、つきものです。
いくら平和に暮らしたいと気をつけていても、避けようがないことは必ずあります。
いっぱいいっぱいでの毎日だと、些細なことでも大事になりがちです。

電車が遅れたり渋滞に巻き込まれたりして、家に帰るのが15分、遅れたとしたらどうでしょうか?
まず夕飯を作るのが遅くなると、お気に入りの芸人が出ているバラエティを見ながら食事をすることができなくなりますよね。
時間を優先すれば15分遅れのままですが、バラエティを見ることは諦めなくてはなりません。
テレビを見ることを優先すれば、時間はもっともっと遅くなっていきます。
そしてさらに入浴時間に影響し、普段はお風呂に入ってから見るドラマをお風呂に入る前に見るようなことになると、最終的に1時間半とか2時間とか遅くなります。
寝るのが1時間半とか2時間とか遅れると、けっこうなストレスになりますよね。

しかし余裕のある生活をしていると15分ぐらいの遅れなら、何とかすることができます。
好きなテレビ番組もきちんと見て、いつもと同じ時間に眠ることができます。
帰宅時間の15分の遅れを、それ以上のストレスにしないで済ませることができます。

さらに15分ぐらいの遅れはなんとかできると知っていると、遅れているさいちゅうに感じるイライラもあまり気にならないようになります。
遅れがそれを超えるような場合も不思議とイライラしないで、テレビは録画しようとか、夕食は冷凍庫にあるものをチンして食べようとか、冷静に考えることができるようになります。
どうしようもないことにイライラさせられないで済む、というのが実は最大のメリットなのかも知れません。

真面目な人、自分の能力を過小評価していない?

私は夏休みの宿題をためまくって一気に仕上げたことで、「頑張ってやったらなんとかなる。なんとかできる能力を持っている」と思うことができました。
もし毎日きちんと決められた量をやっていたら、このようには思えなかったと思います。

私と違って夏休みの宿題を毎日コツコツやる人は、真面目な人です。
そして真面目な人ほど、ストレスを受けやすいとされています。
きちんと自分で決めたルール通りにしていないと、また想定通りに物事が進まないと不安になるから、ではないでしょうか?

でも少しぐらい予測していなかったことがあったとしても対処できるだけの対処できるだけの能力って、意外に備わっているものです。
ちょっとしたことでストレスを受けるなんて、もったいないですよ。
ストレスは健康に悪いですし、美容にももちろん良くありませんよね。
自信と余裕を持って、生きましょ。

スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




広告レクタングル(大)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です