本・まんが日記

本日、2017まんが大賞が発表!

投稿日:

今日は「2017まんが大賞」の発表日だそうです。
朝、yahooの画面を開けたら、そう教えてくれました。
今年のまんが大賞にノミレートされている作品の中で知っているのは、このあいだドラマが終わったばっかりの「東京タラレバ娘」ぐらい。
パッと絵を見た感じで私が好きそうなマンガはなかったものの、「響~小説家になる方法~」は立ち読みをした感じ、面白そうでした。
ピースの又吉が芥川賞を取って、ダブル受賞になった羽田クンが路線バスの旅をやるようになって、と、小説を書く人にちょっとだけ世間の関心が高まってると思います。
この「響~小説家になる方法~」がもしも今年のまんが大賞を取ったら本にまたちょっとは光が当たるのかなと。。。

でも、まぁ主人公が強烈すぎてちょっとついていけない感じもするマンガです。
天才、って言ってしまえばそうなんでしょうけれど。

「聖の青春」と「3月のライオン」が、立て続けに映画化されました。
「3月のライオン」はNHKでアニメも放送されて、毎週の楽しみになってました。
合わせてマンガも読み返したりして、今年の1月から3月まではどっぷりと「3月のライオン」の世界に浸ってました。

「聖の青春」はもともとノンフィクションとして大崎善生さんが書かれた小説ですが、まんが化もされています。
「聖の青春ー天才・羽生が恐れた男」のタイトルで、山本おさむという人が書いています。
全8巻ですが、すごく面白くて、読んでいる時間はアッという間でした。
男性向けなので最初は絵に違和感がありましたが、かえってそれが良かったのかも知れません。
電子書籍だとクリックするだけで全巻すぐに読めるので、すんごく便利(*^_^*)
ただほんの数時間で4,000円以上を使ってしまったのかと思うと、怖かったりもしますね。

そんなわけで「響~小説家になる方法~」は、どうしようか、と思ってしまいます。
大賞を取ったら、買っちゃおうかなぁ???
じゃなかったら週に1冊とか、月に1冊とか買うか。
はたまた、外でお茶するのを我慢したら1冊買うとか。

おととい「ちはやふる」の最新刊を買ったばっかりなので、余計に悩みます。(-_-)

・。・。・。・追 記・。・。・。・

なんと!
「響~小説家になる方法~」が2017漫画大賞を取ってしまいました。
とりあえず出ているのは5巻です。
大人買いするか、1冊ずつ買うか、悩みます。
1冊ずつ買うと決めても、続けて買っちゃう危険もあるし。。。
こうやって考えると、やっぱりクレジットカードとか、電子決済とかって、怖いのかも知れません。
欲しいものがあると、ついつい買っちゃいますもんね。
これからはクレジットカードを使うのも、減らすようにしなければ!

と、いつの間にか、まんがの話からクレジットカードの話になってしまいました。(..;)

-本・まんが日記
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

村上春樹にノーベル文学賞なんて要らない!

今週はノーベルウィークです。 月曜日には大村智さんの生物・医学賞受賞、梶田隆章さんの物理学賞受賞が発表されました。 2人も日本人がノーベル賞を受賞するなんて、とてもスゴいことですよね。 大村さんの研究 …

新刊本の図書館での貸出について思うこと

おとといの夜、今年の本屋大賞が発表されました。 ピアノ調教師の青年に成長を描いた、宮下奈都さんの「羊と鋼の森」。 暖かい内容の、静かなお話だそうです。 私の好みにピッタリで読んでみようかとは思っていた …

no image

羽田さんから目が離せない

昨日の夜は昔のNHK教育テレビ、Eテレの「達人×達人」を見ました。 芥川賞を受賞した羽田圭介さんと、オードリーの若林さんがゲスト。 羽田さんの話が聞きたくて見ていたのですが、一番印象に残ったのは若林さ …

no image

有川浩「明日の子供たち」を読んで

有川浩さんの「明日の子供たち」を読みました。 読みやすいのですがあまりにも出来過ぎていて、上っ面だけの話のように感じました。 有川さんらしいと言えば有川さんらしいお話でしたが・・・ まず登場人物が全員 …