11月3日が明治の日に?大正の日はできないの?

昨日は「文化の日」の祝日でした。
この文化の日、「明治の日」にしてはどうかという案が出されているようです。
文化の日は1946年に日本国憲法が公布されたことを記念した祝日です。
憲法記念日の祝日は5月3日ですが、こっちは日本国憲法が施行された日となっています。
法律には「このような法律ができます」と公にされる公布日、「実際に運用を開始します」とする施行日があります。
日本国憲法は1946年11月3日に公布され、半年後の1947年5月3日から施行された、ということになります。

ではなぜ11月3日を「明治の日」にしようとする案が出されているのでしょう?
11月3日は日本国憲法が公布された日である以前に、明治天皇の誕生日でした。
そのため明治時代は、11月3日が「天皇誕生日」の祝日だったということになります。
大正時代になると天皇誕生日の祝日は、大正天皇が生まれた8月31日に変わります。
しかし現代日本の基礎を築いた明治天皇の功績を後世に残したいという声により、11月3日は「明治節」という祝日になりました。

11月3日はもともとは明治天皇誕生日であり、その後に明治節、そして文化の日というように名前が変わっていったものの、明治時代が終わったあとも長いあいだにわたって祝日とされてきています。
昭和天皇誕生日である4月29日も最初は「みどりの日」、そして名前を変えて「昭和の日」という祝日になっています。
そう考えると11月3日を明治の日としても良いような気がしますが、気になることが2つ。

1.明治の日、昭和の日があるのに「大正の日」がないのは大正天皇が可哀想
2.10月第2月曜日に「体育の日」の祝日があるのに、文化の日という祝日がなくなってしまうことに対して違和感がある

という点です。
明治の日、昭和の日があって大正の日がないのは、絶対に可哀想だと思います。
大正天皇の誕生日は8月31日だそうです。
とりあえず8月31日を大正の日の祝日とし、さらに文化の日の祝日を制定すればおさまりが良いように思うのですが、どうでしょうか?

スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




広告レクタングル(大)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です