開缶時は要注意!缶コーヒーで年齢がバレる危険大

缶コーヒーが油断ならぬ、と思った話

外出時にちょっと休憩するのに、缶飲料って便利です。
渇いた喉を潤してくれるだけでなく寒いときにはHOT、あついときにはCOLDを飲むことで身体を温めたり冷却したりすることができます。
そして私がいちばんお世話になっている機能(?)は、手持ち無沙汰を解消できるということです。
ただボーッと休んでいると変に思われるのではないか、と不安になりますが、飲み物の缶を目の前に置いておけばその問題は解決します。

そんな便利な缶飲料ですが、これから缶コーヒーは油断できないな、と思いました。
そのお話について書きたいと思います。

ダメとわかっていたのに、やっちゃった

最近、2回続けて缶コーヒーを飲む機会がありました。
1回目は何も思わなかったものの、2回目は「あ、もしかしたらヤバいかも?」と不安に。。。
プルタブを引っ張ったとき、「プシュ」という音が聞こえたからです。噴き出しても服にかからないよう、慌てて手を伸ばして缶コーヒーを身体から離しました。

そうです、やっちゃダメとわかっていながらも、缶コーヒーを振ってすぐに開けてしまったんです(-_-;)

プシュッと言う音がして、慌てて身体から離す

缶コーヒーを買い求めて飲んだのは、2回とも桜を見に行ったときのことです。
どちらも比較的に暖かかったのですが、まだまだ屋外で冷たいものを飲むほどではありません。
だって4月上旬ですもの。。。
HOTの缶コーヒーを、最初は自動販売機、2回目はコンビニエンスストアで買いました。
1回目は自販機から取り出してすぐに振って、テーブルの上で開けました。
2回目は桜の木の下のちょっと広くなっているところで立ち飲みしようと、しばらくブラブラと歩いていました。
そしてこの辺で飲もうか、というときに無意識に振ってすぐに開けてしまったんですよねぇ。

そうしたら「プシュ」と気体が抜ける音がしたんで、慌ててしまいました。

甘いエメマンがお気に入り

缶コーヒーはジョージアのエメラルドマウンテン、が私たち夫婦のお約束になっています。
甘いんですけどね(^^;)
どんなときもコーヒーは砂糖とミルクを入れて甘くして飲んでいるのでいるんで、缶コーヒーも甘さMAXのエメマンが定番です。

ちなみにジョージアのエメマンがないときは、ワンダの朝専用モーニングショットです。

改めてボツリヌス菌の怖さを知る

ミルクが入っている缶コーヒーはボツリヌス菌の検査をするため、昔はスチール缶でなければならなかったそうです。
ボツリヌス菌と言えば、ハチミツに入っていることで最近有名ですよね。
ボツリヌス菌は生ものにいる菌で、食中毒の原因となったりします。
またボツリヌス菌が作り出すボツリヌス毒素はとても危なく、生物兵器として使われる可能性もあるそう。
ボツリヌス菌自体にそれほどの破壊力はないと思いますが、赤ちゃんにあげるのはダメです。
1歳未満だと消化器官がまだ発達していないため、乳児ボツリヌス症を引き起こしてしまいます。
死に至る危険があるのは、ニュースで取り上げられていた通りです。

ウチにあったハチミツの容器にはきちんと「1歳未満のお子さまには与えないでください」と書かれていましたが、目立つような注意書きではありませんでした。

スチール缶は、ボツリヌス菌検査のためだった

ボツリヌス菌の検査のため、ミルク入缶コーヒーはスチール缶であることが必要でした。
底がアルミ缶は凹んでいるのに対し、スチール缶は平らになっています。
検査は打検で行われるため、スチール缶出なければならなかったということです。
殺菌についての技術が進んだ結果、ミルク入缶コーヒーでもアルミ缶の使用が許されるようになりました。
スチール缶からアルミ缶に変わったことによって、窒素充填がされるようになりました。窒素充填されていると、振ってすぐに開けると噴き出すおそれがあります。
スチール缶では「開缶前によく振ってください」と書いてあったのが、アルミ缶に変わってからは「軽く振り、少し待ってから、開けてください」という表記に変わりました。

エメマンも2013年4月からはアルミ缶となったわけです。

振ってすぐ開けたら、オジサン・オバサン

缶コーヒーを飲むときは開ける前の行動で年齢がバレてしまうことになるので、気をつけなければなりません。
振ってしばらくしてから開けたら若者、すぐに開けたらオジサン・オバサンです。
頭ではわかっていても、ついつい自然とやってしまうものなので注意しましょう。
とくに話に夢中になっていたり何かに気を取られていたりすると、絶対に振ってすぐに開けてしまいますよ。
オジサン・オバサンであることを認めたくない人は、缶を振ったらしばらく置く、というクセをつけた方が良いです。

本当に無意識でやってしまうので、要注意です(~_~;)

スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




広告レクタングル(大)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告レクタングル(大)




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です